寝起き爽快ラボ公式ブログ

寝具と睡眠の情報発信

寝起き爽快ラボ公式ブログ

当ラボのイベント情報やコラム、
おすすめ商品なども発信してまいります

おすすめ寝具 天然繊維 敷パッド 湿度コントロール 生地の種類

【天然素材の涼感寝具】敷パッド編

投稿日:2018年6月4日 更新日:

前回の記事では「接触冷感生地」の敷パッドについて徹底解説いたしましたが、「接触冷感生地」は基本的には化繊(化学繊維)で出来ています。
「ひんやり快適かもしれないけど、どうも化繊は好きになれないのよね…」という方も、どうぞご安心ください。
今回は天然素材の夏向けの敷パッドについて解説していきます。

 

こちらも具体的にアイテムをあげながら説明していきますので、参考にしていただけましたら幸いです。

 

…と、その前に、まずは天然繊維と化繊の違いから確認していきましょう。

 

 

「天然繊維」と「化繊」の違い

みなさん「天然繊維」と「化繊」がどう違うか聞かれたら、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?
「天然素材だとムレない」とか
「化繊は汗を吸わないからムレるしベタつく」とか
「化繊は静電気が起きる」とか
そういったイメージを思い浮かべる方が多いかもしれません。

 

しかし、化繊の中のひとつ、「再生繊維」は実は原材料が天然素材。
例えば「レーヨン」の場合は原材料はパルプ(木材)。
「キュプラ」の場合はコットンリンター(綿の種子のまわりに生えている短い繊維)が原材料です。
そのため、天然繊維と同じように湿気も吸ってくれますし、天然素材よりもはるかに滑らかな繊維なため刺激の少ない肌触りで、敏感肌にぴったりなものも沢山あります。

 

もしあなたが従来のマイナスイメージから化繊を避けているのだとしたら、選択肢が狭くなるのでもったいないお話です。
先入観を持たずに実際に触れてみたり、数年に一度は新しい商品に触れてみたりと、定期的にあなたのお好みに叶うかお試しになることをお薦めいたします。

 

 

 

 

麻(リネン&ラミー)

夏向きの天然繊維の代表格といえば、何と言っても「麻」です。
吸水性は綿の4倍と、汗をよく吸ってくれるだけではなく、吸った水分を発散させるのも得意な繊維なので、ムレにくく爽やかな生地です。
その上適度なハリ感がある上に軽いので、肌にベタつかず、通気性が良く湿気がこもらないため、ニオイや雑菌の繁殖を抑えられます。
また、防虫性・防カビ性に優れており、放熱性に優れているので清涼感もあるなど、夏にぴったりの特徴を沢山兼ね備えているのが麻なのです。

 

尚、寝具に使われる麻は主に以下の2種類で、それぞれ質感が異なります。

 

リネン(亜麻科)

「リネン」とは、麻の中でも亜麻科に属する“フラックス”という植物からできる繊維のことを指します。
リネンは繊維が細いため、しなやかでチクチクしないのが特徴です。
摩擦で毛羽立つこととハリ感が次第に薄れる特性がありますが、繊維としては非常に丈夫です。
麻の中では高級品なので、敷パッドとしてはリネン混のものをよく見かけます。




リネン100%(表地) 敷パッド「麻夢物語」
サイズ:シングル、セミダブル、ダブル、クイーン
価格:3,980円(シングル)〜

公式サイトで見る
Amazonで見る

 

ちなみに、リネンは日本語で「亜麻」といいます。
リネン(フラックス)の種子をローストすれば、サラダのトッピングにぴったりの「ローストアマニ」になりますし、絞れば「亜麻仁油(フラックスオイル)」になります。
ローストアマニも亜麻仁油も近年スーパーフードとして大人気ですが、スーパーフードの流行よりもはるか昔から、リネンはナチュラル志向の方に人気の素材(生地)です。

 

 

ラミー(イラクサ科)

ラミーは日本語で苧麻(ちょま)と呼ばれます。
日本では古くから愛されてきた素材で、お着物がお好きな方なら苧麻の繊維で織り上げられる「小千谷縮」や「近江上布」をご存知の方も多いことと思います。


ラミー100%(表地) 敷パッド シングル
価格:2,480円(2018年6月5日現在)

 

吸水性、通気性、放熱性、清涼感など、麻が持つ夏向けの特徴を一番感じられるのがこのラミーです。
ラミーはお洗濯の際に汚れが落ちやすく、また非常に丈夫な繊維なので、繰り返しのお洗濯にも耐えます。
唯一の難点は、繊維が太いため、お肌が敏感な方だとチクチク感じる場合があること。
その点さえ気にならないのであれば、夏向け天然素材として一押しの繊維です。

 

 

綿(しじら織、サッカー、リップルなど)

綿は汗をよく吸ってくれますが、水分をため込む性質があり、湿気を発散するのが苦手なので、毎日干すというご家庭でもない限り、素材としてはあまり夏にはおすすめいたしません。
しかし、綿しか使わないというこだわりをお持ちの方も少なくありませんので、綿の中でも夏向けの織り方・生地をご紹介いたします。

 

綿(しじら織)

縮み(ちぢみ)織りの一種。
糸の張り方や糸の太さを均一にしないことで、織り上がった生地の表面を波打たせる=凹凸を作ります。
衣服や寝具に仕立てると肌に触れる面積が少なくて済むため、適度なシャリ感もあって通気性と涼感を得られる生地になります。
農作業時に着用する“もんぺ”にもよく用いられるくらい丈夫な生地なので、夏のこまめなお洗濯にも耐えます。


綿100% しじら織り 敷きパッド シングル
価格:2,770円(2018年6月5日現在)

 

単色の生地が少なく、同系色のマルチカラーなどが多く、和の雰囲気を持ったものが多いので、お好みは別れるかもしれません。

 

 

綿(サッカー、リップルなど)

サッカーやリップル、クレープ(楊柳)と呼ばれる生地は、いずれも生地に凸凹加工が施されています。
しじら織と同様に、生地の凹凸のおかげで肌に触れる面積が少なくなるため、通気性と涼感を得られる生地です。


【東京西川】リバーシブル 敷きパッド シングル
爽やかサッカー生地&やわらかパイル生地 綿100%
価格:3,123円(2018年6月5日現在)

 

サッカー生地やリップル生地は、ギンガムチェックやストライプなどのポップな柄ものが多く、クレープ(楊柳)は単色やシックな色合いのものが多いです。
しじら織ほどシャリ感がないので、肌にまとわりつかないためにも、敷パッドの場合はキルティングが細かいものを選ぶようにしましょう。
(キルティングが細かい方が、肌にベタつきにくくなります。)

 

 

タオル地(パイル地)をおすすめしない理由

綿素材で夏用の生地といえば、タオル地(パイル地)を思い出す方も多いかと思います。
もちろん綿のタオル地は汗を沢山吸ってくれますが、水分を発散するのが得意ではないため、どうしてもムレてしまいます。
おまけに、元々重い生地であるタオル地が汗を吸うとさらに重くなるので、体にまとわりついて不快感が増します。
また、パイル地のループ状の構造は空気の層を生み出す=保温性を発揮しますので、盛夏には不向きです。
「よく汗をかくので吸い取りたい + 朝までエアコンをつけっぱなし」という方であれば盛夏にも向きますが、それ以外の方であれば盛夏には違う素材のものをお使いになった方が快適に感じられると思います。

 
これまで夏場にタオル地(パイル地)の敷パッドを使っておられて、暑くて寝苦しいと感じておられた方は、今年の夏は違う敷パッドをお試しになってみてはいかがでしょうか?

 

 

シルク

寒がりの方であれば、シルクなどはいかがでしょうか。
「冷え取り」の素材として人気のシルクは、夏は涼しく、冬は暖かいので、一年を通して使える素材です。
肌触りが滑らかなだけではなく、成分的にもお肌にとてもやさしい素材です。
理由は、人間の体を構成するアミノ酸20種類のうち、シルクには必須アミノ酸9種類を含む18種類が含まれており、アミノ酸の比率や構成が人間のお肌によく似ているためです。


【国産】シルク敷パッド
税込価格:13,392円(2018年6月5日現在)

高価な素材である上、水を嫌う繊維なので防縮加工などが必須となるなどの理由から、シルク敷パッドは非常に珍しい商品なのでなかなかお目にかかる機会がありませんが、よく探せば通販などで手に入ります。(シルクの場合は敷パッドよりもフラットシーツの方が一般的です。)

冷え取り必須の方や、美容に関心が高い女性にとっては、満足度の高いアイテムだと思います。

 

 

今回はここまでとなりますが、いかがでしたでしょうか?
お気に召す製品が見つかりましたら幸いですし、皆様が健やかに夏を乗り越えられますよう願っています。

 

今回もここまでお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

より専門的なアドバイスをご希望の方は…

夏の寝苦しさの原因は暑さだけとも限りません。
快適な温度・湿度に気を配っているのに、どうもぐっすり眠れない…などのお悩みをお持ちの場合は、是非当ラボのカウンセリングをご活用ください。
懇切丁寧なヒアリングを元に、根本原因を探し出し、筋道を立てて解決方法をご提案いたします。

 

寝具カウンセリングのご予約はこちら

 

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-おすすめ寝具, , 天然繊維, 敷パッド, 湿度コントロール, 生地の種類
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ブライダル寝具イメージ画像

【ブライダル寝具シリーズ③】購入前に必ずチェックするべき5項目〜シングル?ダブル?失敗しない賢い選択は?〜

【ブライダル寝具シリーズ】と題して、4記事連載でお送りしておりますが、今回は第3回目、「③シングル?ダブル?失敗しない賢い選択は?」をお送りいたします!   【ブライダル寝具シリーズ 記事一 …

羊の親子

季節の変わり目に羊毛敷布団をおすすめする3つの理由

近頃、春らしい陽気を感じる日が増えて来ました。 電気敷毛布や電気アンカ、湯たんぽなど、温熱が出るアイテムはもういらないかもしれません。     しかし、まさに「三寒四温」という言葉 …

ストレートネック以上に厄介な「巻き肩」について

パソコンやスマートフォンが普及・定着した頃から、「ストレートネック」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。   「ストレートネック」とは、その言葉通り「首がまっすぐ=頸椎が正常なカーブ …

ブライダル寝具シリーズイメージ画像

【ブライダル寝具シリーズ④】購入前に必ずチェックするべき5項目〜予算を最大限削減!揃えるべき最低限のアイテム&あると便利な買い足しアイテム〜

【ブライダル寝具シリーズ】と題して、4記事連載でお送りしておりますが、今回はいよいよ最終回の第4回目、「④予算を最大限削減!揃えるべき最低限のアイテム」と「⑤あると便利な買い足しアイテム」をお送りいた …

2018年接触冷感敷パッド完全ガイド

【2018年】接触冷感敷パッド完全ガイド

気象庁が2018年の夏の天候の見通しとして、「東日本から以西(以南)は例年よりも温度が高い「猛暑」になる模様」と発表しました。 そこで、今回は接触冷感寝具、中でも敷パッドについて詳しく解説していきたい …